2012年01月31日

揺り篭

[Aメロ]
俺の揺り篭この酒場
ちょうしラッパし酔いゆれる
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる
おまえが死んだあの日から

[Bメロ]
悲しみ色は雨の色
川に流そかそれとも呑むか
悔しさ色は浮世色
海に捨てよかそれとも死のか

[Cメロ]
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる


[Aメロ]
俺の揺り篭この暖簾
呑んで二升目酔いどれる
ぐ〜らぐらぐら酔いどれる
おじきが死んだおぼろ夜(ヨ)に

[Bメロ]
苦しみ色は血糊色
川で洗おかそれとも呑むか
怨みの色は彼岸色
怨み捨てよかそれとも死のか

[Cメロ]
ぐ〜らぐらぐら酔いどれる
ぐ〜らぐらぐら酔いどれる


[Aメロ]
俺の揺り篭この馴染み
湯気も仲間もゆれている
ゆ〜らゆらゆらゆれている
あいつも明日(あす)には死ぬだろう

[Bメロ]
無情の事はシャボン玉
割れて消えても他人の悼み
所詮は俺も雪柳
水に揺られて死んでゆく

[Cメロ]
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる
ぐ〜らぐらぐら酔いどれる
ぐ〜らぐらぐら酔いどれる
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる
ゆ〜らゆらゆら酔いゆれる

[A´メロ]
所詮は俺も雪柳
水に揺られて死んでゆく

『鷺烏(さぎがらす)』

[Aメロ]
足を引きずり独りゆく
俺のこの道溝だらけ
遥か遠くの光る道
俺のかつての夢の道・・・

[Bメロ]
拾った煙草に火をつけて
けぶ(※煙)が染みたと涙した
あれは雪舞う北の駅
怒涛の潮がおいでする

[Cメロ]
鷺も烏に見えるよな
土にまみれたこの俺に
良い事言う奴いたにはいたが
何故かこの耳逆らうばかり

[Aメロ]
足を引きずり花をつむ
俺のその花泥だらけ
遥かかなたのカキツバタ
俺もむかしは飾ったよ・・・

[Bメロ]
古着のポッケに五千円
これが俺かと涙した
あれは風吹く漁師町
吊られた魚(うお)がおいでする

[Cメロ]
鷺も烏に見えるよな
土にまみれたこの俺に
良い事言う奴いたにはいたが
何故かこの耳逆らうばかり

[Aメロ]
足を引きずり独りゆく
俺のこの道岩だらけ
見れば後ろに若き俺
過去が俺見て素通りし・・・

[Bメロ]
今いる自分に火をつけて
里に戻(もど)ろと涙した
あれは陽(ひ)が照る南の地
人々磯の香りする

[Cメロ]
鷺も烏に見えるよな
土にまみれたこの俺に
金言吐く奴二人になった
親父 おりゃぁ もういかねぇ

[Cメロ]
鷺も烏に見えるよな
土にまみれたこの俺に
金言吐く奴二人になった
お袋 おりゃぁ もういかねぇ

[Dメロ]
親父 おりゃぁ もういかねぇ
お袋 おりゃぁ もういかねぇ
囲炉囲って酒でも酌(く)もや
兄弟呼んで昔のように
兄弟呼んで昔のように
posted by YF at 00:00| Comment(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。