2008年03月10日

2.エッセイ/『母の弁当』

僕は母の作る弁当が大好きだ 特に黄色に色付く、菜の花弁当が大好きだ 四角い弁当箱の蓋を開けると、炒り玉子(いりたまご)の花畑が輝き現れる そしてその花畑の中を、挽肉の畦道(あぜみち)がインゲンの土手を伴ない斜めにはしる 言い過ぎかもしれないが、まるで映画の一場面のような弁当だ しばし見惚(みと)れてからおもむろに頬張る すると口の中一杯に、美味さをスパイスとした幸せがパッと満ちる やがてその幸せが腹から脳、そして全身へと染み渡る そして全身が幸せに包まれた時、弁当も空となり「ご馳走さま」を言う そんな弁当の時間が一番の楽しみで、ちょっと背伸びし入った高校に“赤点自動生産機”“究極の落第生”と言われようが通っていた もしかしたら母が毎日作ってくれたあの美味い弁当の数々は、「頑張って通い切れ!」と言う“駄目息子への母からのエール”だったのかもしれない 無事卒業し手にしたアルバムに、美味そうに弁当をつつく僕の写真が載っていた 勿論その弁当は“母の弁当”だ 「ありがとうお母さん」と30年後の今、駄目息子は呟く

【Silk】
posted by YF at 19:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼朗読の『舩後シスターズ』

『舩後シスターズ』/資料録音

朗読:小泉智子
演奏:金子みも
作詩:舩後靖彦


1.詩/『レモンツリー伝説』


夢実る木を求め、旅に出たんだ。

伝説の木を求め、旅に出たんだ。

旅は辛く、彷徨える日々を過ごした。

レモンの木はどこだ。



夢見る木を求め、旅を続けたんだ。

伝説の木を求め、旅に出たんだ。

独り、彷徨える日々を過ごした。

レモンの木はどこだ。



レモンの木を求め彷徨ったんだ。

遥かな異国を彷徨ったんだ。

気がつけば道連れの人がいた。

同じ夢見る友がいた。



心結び、ふと振り返れば同じ道。

伝説を創る僕らと知った。

辿る行く手で、夢開かせよう。

レモンの木を萌えさせて。



生きる標、魂の実、レモン。

誰もが心に宿す実、レモン。

それは夢を育み、実らせるんだ。

レモンの力、信じよう。

【Silk】
posted by YF at 19:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

妖精たちの願い

演奏を聴く
唄 :間庭麻未
演奏:高橋久美子
作曲:高橋久美子
作詞:舩後靖彦

[1]
心をみせてね
ガラスの鍵をはずし
恐がらないでもし
傷ついても
あなたの苦しみ悲しみ
妖精たちが
空のかなたへ
すてるの
だから勇気をだし
心の戸をあけて
ほら幸せが
満ちてきたわ

[2]
あふれる安らぎ
誰にもとめられない
驚かないでね
忘れないで
あなたのまばゆい輝き
暗闇けして
さまよう人を
救うの
だから勇気をだし
心の戸をあけて
ほんとのあなたを
羽ばたかせて

[END]
くもを散らす澄んだ
あなたの歌声で
泣いてる人々
慰め
世界の悲しみ
あなたがけして
They fairies hope and
pray it to you.

【Silk】
posted by YF at 21:53| Comment(0) | with music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

『ザ・スワン・バンド』の新曲

いつも、お世話になります。舩後です。
手話バンド『ザ・スワン・バンド』の新曲、是非お聴き下さいませ。
宜しくお願いします。
【舩後】
posted by YF at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏娘帰る!

演奏を聴く
作詞:舩後靖彦
作曲:大津弘之
編曲:島本浩光

夏娘帰る!愛くるし!  
小麦色の肌!君らしく!

夏娘帰る!輝いて!  
都会にいてもね!君らしく!

この夏もまた君に会いたくてきた  
この海は僕等を迎え青く輝くよ

夏娘帰る!いとおしい! 
煌めく瞳が!君らしく!

夏娘帰る!熱波熱く!  
情熱が萌える!君らしく!

この夏もまた君と思い出作る    
この愛を僕等は育て幸せ感じる

夏娘帰る!涙見た!   
部屋に花一輪!君らしく!

この夏もまた君は去って行くんだね  
この海は僕等見送り夕陽沈むよ

夏娘帰る!君香る!  
想い出残して!君らしく!

夏娘帰る!愛くるし!  
小麦色の肌!君らしく!

【Silk】
posted by YF at 09:19| Comment(0) | with music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君、それは〜春に紐解く物語

演奏を聴く
作詞:舩後靖彦
作曲:大津弘之
編曲:島本浩光

春の切ない夢物語
何故か今年も紐解いて
君懐かしみ涙する
声もかけられなかったのに

君、それは
春に染まる少女
まるで天使のように
花吹雪に舞うよ
それが僕の君だった

頬ほのかに赤く
まるで愛の果実
甘く香り僕の胸
熱くしたよ

春の切ない恋物語
やっぱり今年も紐解いて
君思い出し眠れない
話す事さえなかったのに

君、それは
春に芽吹く少女
まるでつぼみのように
愛くるしく笑う
それが僕の君だった

髪艶やか黒く
まるで絹のベール
清く香り僕の胸
絞めつけたよ

僕の切ない思い出話
いつも春には紐解いて
君懐かしみ胸焦す
だから今年も一人ぼっち

【Silk】
posted by YF at 09:18| Comment(0) | with music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘密のランデブー

演奏を聴く
作詞:舩後靖彦
作曲:大津弘之
編曲:島本浩光

夜風に誘われ歩く
月明かり照らす道
淋しいのに好きな道
私は一人歩く

月と語るひと時に
幸せ感じてみる
夜が明けるまでの
秘密のランデブー

夜露も気にせず歩く
星明かり灯る坂
淋しいのに選ぶ道
私は今日も歩く

星と語るひと時に
嬉しさ感じてみる
朝日昇るまでの
秘密のランデブー

雨降りしきる中さえ歩く
あなたに会えるきっと会えるから
例え行く先見えなくても
幸せなれるきっとなれるから

闇夜に手探り歩く
暗闇に続く道
震えるのに辿る道
私は迷い歩く

闇と語るひと時に
不思議を感じてみる
光あたるまでの
秘密のランデブー

雨降りしきる中さえ歩く
あなたに会えるきっと会えるから
例え行く先見えなくても
光はあたるきっとあたるから

雨降りしきる中さえ歩く
あなたに会えるきっと会えるから
例え行く先見えなくても
幸せなれるきっとなれるから

【Silk】
posted by YF at 09:15| Comment(0) | with music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

どなたか歌って頂けませんか?

※皆様がなさる或いは参加なされるコンサートやライブで是非お歌い下さいませ。

▼曲タイトル/『怒らないで
作詞:舩後 靖彦
作曲:村岡 範之

▼CD製作(BITRAMMUSIC)「キーボード伴奏/村岡」
 唄:村岡 範之
※歌って頂くための曲解説は、村岡氏の肉声でCDのBレッスンに収めてあります。お聴き下さいませ。

▼『怒らないで』の音源
@カラオケ(メロディー有り)
Aカラオケ(メロディー無し)
Bレッスン
C

▼新曲『怒らないで』を、作曲者村岡範之(山口県在住:むらおかのりゆき)氏と、作詞者、私、舩後靖彦(千葉県在住:ふなごやすひこ)との出会いの経緯を絡め、紹介させて頂きます。

今年の春頃、私が所属しております障害者のアマチュア音楽家のML、c-musicに、村岡氏が参加されて来ました。私は村岡氏の投稿を読み、そのウェブ技術論の高さに驚愕しました。それは、私などではとても理解出来るものではなかったからです。

私は「世の中には凄い人がいるものだ」と思いながらも、村岡氏の投稿を判らないなりに読ませて頂いていたところ、村岡氏が66歳の全盲のミュージシャンであることを知るに至りました。驚きました。

そうこうしているうちの7月半ば、私は自身のライブの告知を兼ねてc-musicのMLに、新曲の試聴をお願いする投稿をしました。そんな中で感想を下さったのが、村岡氏でした。

その感想の中にあった、「“詩”が有ればそれへの作曲は出来るのですけど」と言うメッセージを読み私は、とにかくその時点で既に村岡氏の謙虚さと、決して人を下に見ない人徳の高さに惚れ込んでいたのでその場で、「もしご希望下さいますならば、歌詞風の物を書かせて頂きますのでご連絡下さい」とメールをしました。

そしてご快諾頂き、2007年9月完成しましたのが『怒らないで』です。
これは、2006年5月ALSで亡くなくなった親友が、きっとこう言う思いを抱(いだ)きながら旅立ったのではと想像し書いた歌詞です。

私はこれを、愛する人に先立たれた或いは先立たれるかもしれない、全ての方々と僭越ですが妻子に捧げたく思っています。亡くなる、それは勿論悲しいことです。でも、詞にあるよう、自分より先に旅立った人にも、いつかは会えると信じれば元気が出ます!

私どもはこのことを、勿論私の想像にすぎないのではありますが、歌って頂ける方を探し、その方たちと共に伝えてゆきたいと、願ってやみません。

2007年9月
全身麻痺・唖者・人工呼吸器使用のALS患者
舩後靖彦(ふなごやすひこ)
posted by YF at 10:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

怒らないで

演奏を聴く
作詞:舩後 靖彦
作曲(歌):村岡 範之


[1]
二人出会ったあの時に
語り合ったねあの星に
二人一緒にゆけたなら
花でピンクに染めようと
でも僕が誓い破って
あの星に一人ゆくのが
寂しくて君は一日
泣き通す星を見つめて
怒らないでこの僕を
君を愛するこの僕を
星に住みゆくこの僕を
この僕この僕この僕を

[2]
いつか寝た君起こさずに
星にさらって行くからね
君が起きたら僕達の
愛でピンクに星染めよ(う)
夜明けまえ家に送って
くちづけしすがる君の手
撫でてから僕は飛びゆく
あの星へ涙拭って
怒らないでこの僕を
君を愛するこの僕を
星で君待つこの僕を
この僕この僕この僕を

[3]
君が永遠眠ったら
雲の迎えに魂を
乗せて気づけば薄桃の
花で迎える僕いるよ
僕からの愛の証しの
この花で君を飾るね
僕!だから君が来れる日
待ってるねこの花愛でて
怒らないでこの僕を
真の愛待つこの僕を
星で君待つこの僕を
この僕この僕この僕を

怒らないでこの僕を
真の愛待つこの僕を
星で君待つこの僕を
この僕この僕この僕を

【Silk】
※亡くなった友を思いながら書いた歌詞に今、全盲の方に曲をつけて頂いております。近日完成です!
posted by YF at 15:20| Comment(0) | with music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

特別企画歌詞『きっときっと』です。

※MABCABCABCMMと言うメロディーの流れは便宜上記しまた。【舩後】

『きっときっと』

歌がつないだ仲間たち
君の星からエールくれ
地球守れとエールくれ
きっときっとエールくれ
(Mのメロディー)

君の星から見ればこの地球
どういう星に見えるか不思議
綺麗な星に見えるかな?
汚れた星に見えるかな?
(Aのメロディー)

良い事だってあるけれど
悲しい星だよほんとはね
嬉しい事もあるけれど
涙する日もあるんだよ
(Bのメロディー)

だから僕らはこの歌うたい
皆(みんな)の心慰める
命の限り 倒れても
この歌うたう
(Cのメロディー)

君の星から見ればこの地球
どういう星に見えるか不安
幸(さち)ある星に見えるかな?
幸無き星に見えるかな?
(Aのメロディー)

治らぬ病襲い来て
歴史が途絶えた国もある
高波全て飲み込んで
地図に載らない島もある
(Bのメロディー)

だから僕らはこの歌うたい
皆(みんな)の覇気に火をつける
僕らが出来る事として
この歌うたう
(Cのメロディー)

君の星から見ればこの地球
輝く星に見えたとしても 
先ある星に思えない
死に行く星だこのままじゃ
(Aのメロディー)

刀や銃で戦して
あげくに滅びた民もいる
赤ちゃんいては遊べぬと
自棄(やけ)で捨て去る母もいる
(Bのメロディー)

だから僕らはこの歌うたい
怒(いか)りの気持ち沈ませる
僕らの星を守るため
この歌うたう
(Cのメロディー)

歌がつないだ仲間たち
君の星から見ててくれ
僕らすること見ててくれ
きっときっと見ててくれ
(Mのメロディー)

力なんかは無いけれど
歌に愛込め伝えるよ
地球守れと伝えるよ
きっときっと伝えるよ
(Mのメロディー)

【Silk】
posted by YF at 11:05| Comment(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。