2007年03月01日

彼は旅立ったけれども

演奏を聴く
演奏:月と星

彼は旅立ったけれども
君達は生きて行く
何事も無き日のように
ただ耐えて生きて行く

彼は旅立ったけれども
君達はここにいる
何事も無かったように
寂しさに耐えて行く

雨垂れが流すのかこの世の汚れ
彼は微笑む傘もささずに
きっと何時か戻ってくるよと囁いて
何時の間にやら眠っていたよ

彼は旅立ったけれども
君達はめげないで
彼との日々を想い出し
祈りを捧げてね

彼は旅立ったけれども
君達はここにいて
生れ変わり帰って来る彼
暖かく迎えよう

虹橋が照らすのか生きた証を
彼は渡るよ羽根も無いのに
きっと何時か戻ってくるよと呟いて
何時の間にやら消えていたよ

彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
彼は旅立ったけれども
【Silk】
posted by YF at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | with music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

1/27もし宜しければお出で下さいませ。

【1/27土曜日『あるけー』が、多幸詩DEナイト!のライブに参加致します】

★スケジュール
●1/27土曜日
19:00オープン

第一部
19:30芝居「ベンチ4」

休憩

第二部
20:45ゲストコーナーand多幸詩ライブ
※『あるけー』は20:45〜21:00で3曲演奏致します。
22:00終了予定

★会場
Music cafe 92
千葉市中央区中央3-15-14三好野ビル3F
043-202-5592

【舩後】
posted by YF at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

Smile on your face

Smile on your face 君らしくあれ
Smile on your face 君らしくあれ

あの笑顔が僕を
救ってくれた いまは
その涙を僕が
拭ってあげる だから

Smile on your face 君らしくあれ
Smile on your face 君らしくあれ

今守るよ君を
精一杯に そして
その悲しみ僕に
トスしておくれ だから

Smile on your face 君らしくあれ
Smile on your face 君らしくあれ

あの笑顔が君に
戻って来たら やがて
この大空向こう
飛んで行こう そして

再び僕等手を取り合って
あの光りの元へと旅立とう
全ての悲しみ捨てて そうさ
ただ幸せ求め だから

Smile on your face 君らしくあれ
Smile on your face 君らしくあれ
【Silk】
※『美浜カーニバルボーイズwithレモン』の新曲です。
posted by YF at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

新曲

『自由に高く』と『だから僕は生きている』に、福岡のバンド「月と星」が曲をつけてくれました。
http://funago2.seesaa.net/category/2396146-1.html
posted by YF at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

Mhmmm!

Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
愛のメッセージ君へMhmmm!

真夜中のメールボックスを見たよ
消し忘れのパソコンに誘われて
空っぽなのに開けさせるなんて
My heart must make messages! Mhmmm!Mhmmm!

真夜中のメールボックスを見たよ
言い争った君の事気になってさ
何度もなく開けちゃうぅなんて
My heart must make messages! Mhmmm!Mhmmm!

Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
愛のメッセージ君へMhmmm!

明日の朝一番に
君の元へと行こう
言う事はこれだけさ
「ご免な!」Mhmmm!Mhmmm!

真夜中のメールボックスを見たよ
消し忘れた合い言葉見つけたよ
やっぱり君が忘れられないよ
My haert must make messages! Mhmmm!Mhmmm!

Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!Mhmmm!
愛のメッセージ君へMhmmm!

今日の夜もう一度
君の元へと行こう
言う事はこれだけさ
「お許しを!」Mhmmm!Mhmmm!
【Silk】

※3年ほど前に書いた歌詞に、九州の音楽仲間が曲をつけてくれました。今、中国の楽器でアレンジ中です。完成をご期待下さいませ。【舩後】
posted by YF at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

雲の行方

見定めよ雲の行方を
追かけよ空の彼方へ
そうして一歩を歩み出せ
地球(ほし)の果てまで歩み行け

風吹く岬に寝転んで
漂う雲見考える
自分の力信じるか
人の言葉を信じるか

花咲く野原にたたずんで
香りをまとい考える
明日の光りを信じるか
消え行く過去を信じるか

笑い続けてたのに
過去に触れられ怒ってた
走り続けてたのに
不安にかられ止まってた

結局、過去の苦悶に捉われてたなら
一歩も進まず救われぬ
未来行くなら一歩を踏み出せ
未来行くなら一歩を踏み出せ

見定めよ雲の行方を
追かけよ空の彼方へ
そうして一歩を歩み出せ
地球(ほし)の果てまで歩み行け

逆巻く嵐に身を置いて
背中丸くし考える
希望の炎信じるか
防波堤だけ信じるか

はぐれた雲をシェラフにし
天を仰いで考える
神の奇跡を信じるか
習ったことだけ信じるか

悩み続けていたのに
結論出たら笑ってた
休み続けていたのに
心決めたら走ってた

結局、過去の悩みに捉われなければ
新たな日々来て救われる
未来信じて一歩を踏み出せ
未来信じて一歩を踏み出せ

見定めよ雲の行方を
追かけよ空の彼方へ
そうして一歩を歩み出せ
地球(ほし)の果てまで歩み行け
【Silk】
posted by YF at 20:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗り越えて

潰されても立ち上がれ
瞼開き見渡して見ろ
そこに広がる新世界
そこに君が歩む道がある

張り裂ける悩み乗り越えて
人々は何かを演じ続ける
例えそれがうわべ飾るだけと
わかっていても

潰されても立ち上がれ
瞼開き見渡して見ろ
そこに広がる新世界
そこに君が歩む道がある

押し寄せるひずみ乗り越えて
人々は何かを語り続ける
例えそれが意味の無い事だと
わかっていても

そこにあるのは
生れてきた喜び
ただそれがあるだけ
そして今日も生きて行く

潰されても立ち上がれ
瞼開き見渡して見ろ
そこに広がる新世界
そこに君が歩む道がある

突き刺さる痛み乗り越えて
人々は何かをつむぎ続ける
例えそれに誰も気付かないと
わかっていても

そこにあるのは
生れてきた喜び
ただそれがあるだけ
そして今日も生きて行く
【Silk】
posted by YF at 20:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

闇に溶ける日来る

闇に溶ける日
あなたにも来る
闇に溶ける日
あなたにも来る

今を大切に会おう
時が過ぎ去る
命の道何時絶えるか
誰も知らない

何時か来る闇
それは運命
誰にも巡る
逃げる術ナシ

だから行きたい場所行き
後悔するな
そして食べたい物食べ
心を満たせ

いつまで生きているのか
わからないから
いつまで会えるのかなAh!
時間がないよ

何時か来る闇
それは運命
誰にも巡る
逃げる術ナシ

だからやりたい事やり
自分を遺せ
そして見守れ魂
朽ち果てるまで

いつまで生きているのか
わからないから
いつまで会えるのかなAh!
時間がないよ

闇に溶ける日
あなたにも来る
闇に溶ける日
あなたにも来る
【Silk】
posted by YF at 07:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

自分偽って

やる事はあるのに
何も手につかない
まして思いつかない
ただ悪戯に苛立つ
そんな日々の繰り返し
「それは与えられ無くなったから」
とか言う言い訳見つけ自分を偽る

ある日は熱出てある日は眠い
それも言い訳け
だのにテレビは観てる 何故に?

「時間の残りはありますか?」
「今、彼方は死ねますか?未練この世に残さずに」
嵐掻き分け声がする
人ごみ掻き分け声がする
暗闇突き抜け声がする
得体の知れない声がする

いつのまにやらその声しみて、いつしか自分で自分に問い掛ける
「誰が得するの?自分偽って」
と、問い掛ける
言い訳ばかりで情けない
未練あるなら動き出せ
何でもいいから動き出せ 

やる事はあるのに情けない
何も手につかないなんて言うのは…汚いやめろ
まして思いつかないなんて…ある筈無い
ただ悪戯に苛立つの…今すぐやめろ
そんな日々の繰り返し…とにかくやめろ
と、自分に今日も叱咤する

【Silk】
posted by YF at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 説教臭い詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人々よ天を仰げ

“かなたの空燃ゆる まるで世の怒り集めた如くに 赤く赤く 紅く紅く”

頭上の空ぞ見よ!
天、浮き出漂う雲使い、おごった人の営みを、天の意思とし描(か)きみせん

そして我それ、
「人は等しく非力也
自然界では非力也
天災あれば、死せるのみ
なのに戦(いくさ)し、命を絶やす
自然の掟に逆らって
人類が、絶滅すること危惧もせず
それはおごりぞ、人間の
収めよ鉾を」と読む

疑うか?
なら何人(なんびと)か、雲動かせるや?
そんな人間いる筈無し
ならやはり、それ天の意思
くどいかもしれないが、再び言わせて貰えれば、
「天見れば、人のおごりを知ること出来る
なぜならば、天、雲で、それ描(か)き諭してくれるから
人間の、おごり諭してくれるから
おごりを知れば、行い変わり平和来ん」、さすれば

“かなたの空染まる 平和と静けさ集めた如くに 青く青く 碧(あお)く碧く”
となろう…

フフ!…ある日ある空ある雲を、見てたらちょっと思いつき、こんな小話し書いてみた
思いつきだが、重厚ぶって
なら〆は、「人々よ!天を仰げ」とのたまうか?

【Silk】
posted by YF at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 気ままな詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。